前澤友作氏 一部ひとり親の度重なる要求に注意「悪い印象抱いてしまう人もいるのでほどほどに」

[ 2020年6月3日 16:15 ]

前澤友作氏
Photo By スポニチ

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)が3日、自身のツイッターを更新。一部のユーザーからの度重なる要求に対して諭す場面があった。

 前澤氏は1日、ひとり親家庭を支援する新事業「小さな一歩」を設立し、養育費あんしん受け取りサービスを提供することを発表。それに伴い、ひとり親100人をスタッフとして雇用するという計画も明らかにした。

 前澤氏は「僕のとこに、あれくれこれくれ、あれは嫌これは嫌、と甘えん坊の駄々っ子みたいなリプするひとり親さんがいます」と吐露。「現状を知って欲しいから、書いてるんだと思うけど、中には、ひとり親ってずいぶん身勝手でワガママだなーと、ひとり親全体に対して悪い印象を抱いてしまう人もいるのでほどほどにね」と穏やかに注意した。

 また、ユーザーらに向けて「リプ欄で喧嘩はやめてーポジティブにいきましょ。優しい言葉選びましょ」と忠告。「ひとり親応援基金も、小さな一歩も、ひとり親の皆さまの底力を信じてやってます。最後は自分次第とは思うけど、皆さまが小さな一歩を踏み出す時、私達も側にいれたらいいなと思ってます」と展望を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース