上田桃子 6・25開幕に喜び「もうやりたい!ってので満タンです」

[ 2020年6月3日 14:01 ]

リモート会見に出席した上田桃子(JLPGA提供)
Photo By 提供写真

 今週開催予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったヨネックス・レディースの昨年覇者・上田桃子(33=フリー)が3日、リモート記者会見に出席した。

 この日にアース・モンダミン・カップ(6月25~28日、千葉・カメリアヒルズCC)の開催決定が発表された。今季開幕戦が決まったことに「率直にやっぱり嬉しいです。こういう状況で開催をするという決断をすることは簡単なことではなかったと思う。1つの大会をきっかけに少しずつ開催できる大会が増えていって欲しいと思います」と喜びを口にした。現在は地元・熊本で調整を続けている。週に1、2回はコースを回っているそうで「案外、調子は悪くないです。これだけ充電期間があると、もうやりたい!ってので満タンです」と現状を明かした。

 一方、現時点で日本は入国制限を実施しており、韓国や台湾などから入国する場合には14日間の待機を要請される。出場できない外国人選手がいることに関し、通算15勝のベテランは「やっぱり早く、みんな一緒に今までのツアーメンバーで戦いたい。みんながフェアに、そして1番はみんな健康で安全に会いたいっていうのがあるので。早くそうなって欲しいなと思います」と述べた。

 今後は当面、熊本で調整を続ける予定。大会開幕の10日前には拠点の東京に戻る計画で「やらなきゃいけないことはここ2カ月やってたので。やることを変えずに準備することが自分にとってベストかなって思います」と今季初戦を見据えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース