池田エライザ 解除後”初イベント”に「日常でワクワクすることってすごく大事」

[ 2020年6月3日 15:42 ]

ユニクロ原宿店のオープンイベントでボーズを決める池田エライザと清原翔(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 女優の池田エライザ(24)と俳優の清原翔(27)が3日、東京都渋谷区のWITH HARAJUKUにオープンする「ユニクロ 原宿店」のメディア説明会に出席した。

 互いについて、池田は「現場が違ったので、一緒には撮影していなかったので、こうやってお話しするのは初めてです」と笑顔。同店の広告キャストとして、完成したCMを事前に見ていたといい「おしゃれ~」と持ち上げれば、清原も「凄い良かったす。可愛いらしかったす」と目じりを下げた。

 原宿について池田は「学生の時に自分の好きなお洋服を着るなら原宿だな、と思ってました。いろんな、それぞれのアイデンティティを持っている方々が原宿で好きなことをしているイメージがあって。ちょっと派手かなと思っても原宿だったらイケるかなって思っていつも通ってました」と語った。

 元フジテレビでフリーの中井美穂アナウンサー(55)が司会を務めたトークセッション。約40分間、マスク無しでファッションなどについて語った池田は、「やっぱり日常でワクワクすることってすごく大事だなと思いました」と笑みを広げた。

 50人以上の取材陣を集めた衣料品業界の記者発表会は、4月7日の緊急事態宣言後では初めてとみられ、マスク着用に加えて入り口では検温とアルコール消毒を義務付けた。池田ら登壇者同士は2メートル以上のソーシャルディスタンスを保ち、フォトセッションは1カットのみの対応となった。

 原宿店は「世界初の着こなし発見アプリ」専用売り場などを設け、5日にオープンする。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月3日のニュース