沢尻エリカ容疑者 逮捕の真相 端緒は密売人だった

[ 2019年12月1日 05:30 ]

沢尻エリカ容疑者
Photo By スポニチ

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されてから30日で2週間が経過した。同容疑者はなぜ捜査網にかかったのか。その端緒に密売人の存在があったことがスポニチ本紙の取材で明らかになった。

 密売人が警視庁管内で逮捕されたのは11月初旬。「大麻とコカインを売買していた」(捜査関係者)として、大麻取締法違反と麻薬取締法違反の疑いで取り調べを受けた。

 そこで浮上したのが供給先だ。警視庁組織犯罪対策5課がマークしたのは、沢尻容疑者と特に親しい友人夫妻がオーガナイザー(主催者)を務めるクラブイベントだった。

 先月15日夜から16日未明にかけて東京・渋谷のクラブで開かれたイベントには、沢尻容疑者ら常連メンバーが勢ぞろい。元交際相手で、MDMAを共同で所持したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたファッションデザイナーのNAOKIこと横川直樹容疑者(38)の姿もあった。

 捜査員は沢尻容疑者の行動確認をして、クラブからの帰宅を待って職務質問。手荷物検査で違法薬物は出てこなかった。「実は密売人を逮捕した時と同じ捜査令状を持っていた」(捜査関係者)と令状を見せて家宅捜索したものの、大麻、コカインは発見できず。沢尻容疑者の申告によって“本命”ではないMDMAが見つかったことで逮捕に至った。

 組対5課は、沢尻容疑者からMDMA所持以外の情報も得たいとして、コカインについても詳しく聴いている。過去の違法薬物の使用について言及した同容疑者に対して「いつ、どこで、誰と使ったことがあるのか」を聞き出し、横川容疑者の逮捕へとつながった。

 密売人の顧客ルートから芋づる式で逮捕者が出ており、組対5課はクラブイベントの参加者に違法薬物が広がっていたとみている。今後は、密売人の供給元になっている“薬物シンジケート”への突き上げ捜査へとつなげるため調べを進めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月1日のニュース