「スカーレット」“白くない”ノンスタ石田にネット反響!喜美子の見合い相手役「お恥ずかしい」

[ 2019年11月14日 08:45 ]

連続テレビ小説「スカーレット」第40話に登場した「NON STYLE」の石田明(C)NHK
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(39)が14日放送のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)第40話に登場。主人公のお見合い相手を演じ、インターネット上で話題を集めた。

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務める朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。

 第40話は、照子(大島優子)に背中を押された喜美子(戸田)は集中する深野(イッセー尾形)の驚くべき姿を目撃。一方、喜美子の絵付けへの思いを知った母・マツ(富田靖子)は、喜美子が丸熊陶業で働きながら、絵付けを学ぶ術を模索。週に一度、指導を受けられる会社を見つける。父・常治(北村一輝)の承諾を得ようと待ち構えていたところ、常治が喜美子の見合い相手・宝田三郎(石田)を急に連れてくる。喜美子は気弱そうな男と結婚しろと言われ…という展開。

 三郎は家に上がると「喜美子さん、僕ははよ結婚したい思っています」と、いきなりプロポーズ…と思いきや「喜美子さん以外の人です。心に決めた人がいるんです。喜美子さんには申し訳ない。今日来たんは、ハッキリお断りさせていただくためです。喜美子さんのお気持ちにはお応えできません。許してください。堪忍してください。すんません」と靴も履かずに慌てて、その場を去った。結婚する気もない喜美子は一方的にフラれる形になった。

 出演は約2分。石田といえば、白のスーツがトレードマークだが、劇中はグレーのスーツ。SNS上で「ノンスタ石田さんが見合い相手w」「一瞬のノンスタ石田だったw」「ノンスタ石田…今後、俺は戸田恵梨香をフリました~!ってネタにしそう…(笑)」「白くないノンスタイル石田に違和感」「白いの着てないから気づくの遅れたわw石田さんw」などと反響を呼んだ。

 石田は続く同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)にゲストで生出演。冒頭「三郎です。お恥ずかしい。すいません」と照れながら登場。司会の博多大吉(48)が「今日だけの出演?」、博多華丸(49)が「物語には関わらず?」と聞くと、石田は「これだけです。お恥ずかしい。ちょっと寄ったみたいな」と笑いを誘った。「あさイチ」には白の衣装で登場した。

 制作統括の内田ゆきチーフプロデューサーは「石田さんは芝居心はもちろんですが、宝田三郎のシーンで必要な、まじめに演じても醸し出されるコミカルな雰囲気を期待してお願いしました」と起用理由を説明。狙い通りとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース