藤井聡太七段 久保利明九段と対戦 王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2019年11月14日 10:40 ]

第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグで、前王将の久保利明九段(右)と対戦している藤井聡太七段 
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が14日、大阪市の関西将棋会館で第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグで、前王将の久保利明九段(44)と午前10時から対戦している。

 先に入室した藤井。この日は事前に先手番と決まっており、お茶を一口飲み、口元をハンカチでぬぐってから、静香に飛車先の歩を突いた。一方、振り飛車党の久保は四間飛車に構えた。持ち時間は各4時間。昼食休憩を挟み、本日夜までの終局が見込まれる。

 渡辺明王将(35)への挑戦権をかけたリーグ戦で現在、4勝1敗で暫定単独トップに立っている広瀬章人竜王(32)を3勝1敗で追う立場。この日の対局で久保に勝って勝敗で広瀬に並び、さらに19日の最終対局で予定される直接対決にも勝てば7月19日生まれの藤井が、屋敷伸之九段(47)が持つ最年少タイトル挑戦記録(17歳10カ月)を更新することになる。

 一方、敗れて3勝2敗となれば、自力での挑戦権獲得が消滅。現在、3勝2敗の豊島将之名人(29)があす15日の対局に勝てば、藤井は最終局で勝っても順位(相撲の番付のようなもの。広瀬が3位、豊島が4位、藤井が5位)の兼ね合いで上位2人によるプレーオフには残れなくなるため、挑戦権獲得の可能性がなくなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース