ワンオクTaka 愛知公演中止を謝罪「こんな声の状態でライブを見せるのは…」

[ 2019年11月14日 16:18 ]

 ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル、Taka(31)が14日、自身のインスタグラムを更新。喉の炎症のため13日に予定されていた愛知公演が中止になったことについて謝罪した。

 「名古屋2日目にお越しの皆さん。」と題し、「今日は本当に申し訳ない。僕の不徳の致すところですとしか言いようがありません、、、ごめんね。プロとして体調管理がしっかりできていなかったこと、それが原因でイベンターさんやスタッフ、メンバーに多大なる迷惑をかけたこと本当に反省します。すみません」と謝罪した。

 そして「そして、なによりも今日を楽しみにしていてくれたファンのみんなには本当になんて謝ればいいのか、、考えても考えても納得してもらえる言葉はみつかりません。。。僕自身も悔しい気持ちでいっぱいではありますが、せっかく今日のために集まってくれたファンにこんな声の状態でライブを見せるのは僕の中でどうしても許せませんでした」とし、続けて「たとえ歌えなかったとしても、やることに意味があると言われれば、その通りだし、その選択肢もありました。でもやっぱり僕から歌を取り上げてしまった状態で、今回のこの時間をかけて作り上げたJAPANツアーをみんなの前で披露することはあまりにも自分の中で納得できず、またみんなに対して失礼だという思いがあって、ギリギリまであの手この手で調整しながら考えたんだけど、今回はこの決断をさせていただきました」と、中止に至った経緯を説明した。

 さらに「本当にガッカリさせて申し訳ない。そしてどうか僕のわがままを許してください。でも必ずこの振り替え公演はやるので、もしその時までにこの決断をした僕を許してもらえるなら、その時は完璧な状態で僕らのショーをまた見に来て欲しいと思います」と、振り替え公演の開催を約束した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース