藤井七段 “勝負メシ”は「プレミアム和牛100%ハンバーグ弁当」

[ 2019年11月14日 12:14 ]

第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグで対局中の藤井聡太七段の昼食、会館近所の割ぽう「内山田」のプレミアム和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が14日、大阪市の関西将棋会館で第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグで、前王将の久保利明九段(44)と対戦中。正午から昼食休憩に入った。

 藤井の“勝負メシ”は、会館の入るビル内の洋食屋「イレブン」が休みとなる木曜日限定で頼める、近所の割ぽう「内山田」のプレミアム和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)。肉厚ハンバーグが入ったがっつり系だ。一方、久保は豊島は「やまがそば」の親子丼セット(温かいそば付き、850円)だった。

 午前中は36手まで進み、持ち時間各4時間のうち、消費時間は先手の藤井が52分、後手の久保が28分。対局再開は午後0時40分で、本日夜の終局が見込まれている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース