ナグモクリニック総院長・南雲吉則氏が著書「紫外線のすごい力」出版

[ 2019年11月14日 21:41 ]

南雲吉則の新著「病気が逃げて行く! 紫外線のすごい力」
Photo By 提供写真

 日本一の“若返りドクター”ナグモクリニック総院長・南雲吉則氏(64)の新著「病気が逃げて行く! 紫外線のすごい力」(主婦の友社)が15日、発売された。

 本の中で、「日本人は超ビタミンD不足!」「日光の恵みでビタミンDをしっかり合成できれば、ガンもアレルギーもうつも認知症も逃げていく!」と語り、「ガン、花粉症、うつになりたくなければ、今すぐ過剰な紫外線対策をやめましょう!」と提唱している。

 「1日1食」「命の食事」を実践している南雲氏が今、発見&実践しているのが「紫外線パワー」。「紫外線にあたると、肌の表面でビタミンDが作られます。ビタミンDが十分に足りている人は、がんの死亡率を減らすことができるのです」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース