MBS清水アナ「なめてました」思わぬアクシデントも… 大阪マラソンへ練習公開

[ 2019年11月14日 08:16 ]

大阪マラソン本番に向け、大阪城公園で練習を重ねるMBS・清水麻梛アナ
Photo By スポニチ

 MBS入社1年目の清水麻梛アナウンサー(23)が13日、初挑戦する「大阪マラソン2019」(12月1日)に向けて大阪城公園での練習を公開した。「アナ1年目で最初の大きな仕事。自分らしさを出しつつ楽しく走れたら」と意気込んだ。

 8月30日放送のMBSテレビ「ちちんぷいぷい」(月~金曜後1・55)内で、同大会出場を命じられた清水アナ。初マラソンに向け練習を開始したが、「10月末に20キロ走で足を痛め、その流れで免疫力が落ちて風邪をひき、胃腸炎になって入院。2週間弱練習できなかった」と思わぬアクシデントに見舞われていたことを明かした。

 中学ではバスケットボール部、高校は女子サッカー部に所属し、9月の体力測定では高評価を受け、完走予想タイムは4時間15分と測定された。98年の陸上アジア大会10000メートル金メダリストで指導者・高尾憲司氏(44)にもその潜在能力を認められ、本人も4時間切りを豪語した後の予期せぬブレーキ。「15分くらいすぐ縮まると思い、マラソンをなめてました。長距離走ると免疫力が落ちるという知識もなく、不摂生で…自業自得です」と、謝罪会見さながらに猛省した。「ダウンしてからはお酒を我慢してます」と生活を改めたが、「完走したら何も気にせず飲んで食べたい」と話し、笑わせた。

 同大会の模様は同局で12月1日午後1時から放送。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース