山里亮太「もし俺が…」 約10年前に約束…尾田栄一郎氏からのプレゼントに感動

[ 2019年11月14日 13:39 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が13日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。人気コミック「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏(44)とのエピソードを明かした。

 山里は、番組500回のとなった7日に「とんでもないサプライズがあった」と切り出すと、尾田氏から同番組500回記念と結婚記念で、自身と妻・蒼井優(34)の海賊姿のイラストを贈られたと明かした。お笑いグループ「安田大サーカス」のクロちゃん(42)が自分の絵として渡す演出に「クロちゃんってフィルターのせいで、1回、見ずにそのままシュレッドしそうでしたから、危なかったですよ」と告白しつつ、プレゼントに感動していた。

 尾田氏とは10数年来の親交があるという山里は、LINEで尾田氏にお礼を伝えたところ「約束を果たしただけだよ」と返信があったと話した。その約束とは、10年前ぐらいにとあるイベントに一緒に行った時に、ベロベロに酔った山里が「俺には夢があるんです。もし俺が結婚するようなことがあったら、僕とまだ見ぬ未来の奥さん、その2人の絵を描いてくれませんか?」とお願いしたという。山里の結婚のニュースを見た時に「あの約束が果たせる」と考えた尾田氏のサプライズに、蒼井も喜んでいて「どこに飾ろうかなんてわくわくしててさ」と嬉しそうに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月14日のニュース