関ジャニ 思い出の地で“新体制”初ライブ! 5人で“アップデート”開始

[ 2019年11月7日 05:31 ]

関ジャニ∞
Photo By スポニチ

 関ジャニ∞が6日、大阪松竹座で47都道府県ツアー「UPDATE」の初日公演を行い、CDデビュー前の02年に初ステージを踏んだ思い出の地で5人体制を始動させた。

 9月に錦戸亮(35)が脱退し、5人で行う初ライブ。安田章大(35)は1曲目の冒頭で「これから新しい思い出をアップデートしていこうぜ!」と呼びかけた。

 5人での初ステージは10月12日に千葉・幕張メッセで行われる予定だったが、台風19号の影響で中止に。5大ドームツアーを毎年行うグループの再スタートの場となったのは1000人規模の松竹座だった。さまざまな経験を積んでデビューへとつなげた思い入れの深い場所で、横山裕(38)は「16周年目を松竹座からスタートさせられるのは特別。これだけ頑張れる機会もなかなかない」と意気込んだ。

 最新曲「友よ」など14曲を披露。これまで「エイトレンジャー」などキャラクターに扮してコントなどを行ってきたバラエティーコーナーでは、横山がプロデュースした新キャラ「CHUU(チュー)」としてバンド演奏を行った。

 CHUUは、米ロックバンド「KISS」のパロディー。覆面のバンドマンたちが環境保護を訴えるという内容で、横山の演出内容は「名前と設定だけ決めて、後は丸投げ」。メインボーカルに扮した村上信五(37)は「こっちも探りながらやってんだよ!」と会場を笑わせた。

 来年4月末まで半年かけて47都道府県を回る。安田は大阪で主演舞台が上演中で、村上は3日にMCを務めた「FNS27時間テレビ」を終えたばかり。各メンバーが仕事を続けながら行う弾丸ツアーで、丸山隆平(35)は「完走した時にまた違った感情をエイター(ファンの総称)と共有できる。それをご褒美と思って駆け抜けたい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース