嵐・相葉 フジ「FNS歌謡祭」の司会に、12月4・11日生放送「45周年、フレッシュな力を」

[ 2019年11月7日 20:20 ]

嵐の相葉雅紀
Photo By スポニチ

 嵐の相葉雅紀(36)が毎年12月に2夜連続で生放送されるフジテレビ年末の風物詩「FNS歌謡祭」の司会を、初めて務めることが7日、分かった。この日放送された同局「VS嵐」(木曜後7・00)で発表された。

 番組終盤で、スーツに蝶ネクタイ姿の相葉が「相葉雅紀、この度、FNS歌謡祭の司会をやらせていただくことになりました」と報告。メンバーが「大丈夫?」と心配する中、相葉は「心強いパートナーをお呼びしております」と語り、同局・永島優美アナウンサー(27)を呼び込んだ。「今回から僕と永島さんの2人でFNS歌謡祭の司会を務めます。どうぞよろしくお願いします」と続け、2人で頭を下げた。相葉は終始嬉しそうな表情。「FNS歌謡祭45周年という節目の年なので、ここでフレッシュな力を…僕らが…」と意気込みを語ると、「緊張している!」とツッコまれていた。

 番組放送終了後に同番組の公式サイトも公開され、第1夜は12月4日午後6時半から、第2夜は12月11日午後7時からそれぞれ生放送されることも発表された。昨年は森高千里(50)、渡部建(47)、フリーの加藤綾子アナ(34)が司会を務めた。

 この日、新聞各紙の「VS嵐」のラテ欄には「嵐から重大発表」と記載してあり、ツイッターのトレンドに「重大発表」が入るなど話題となっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース