新田真剣佑 衝撃受けた作品に「“ゴージャスに出たい”と思った」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

サプライズで用意された自身のバースデーケーキに喜び、キャストたちと自撮りする新田真剣佑(中央下)
Photo By スポニチ

 俳優の新田真剣佑(22)が6日、初主演舞台「星の大地に降る涙」の製作を都内で発表した。

 岸谷五朗(55)と寺脇康文(57)が主催する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年記念公演。09年の第10弾の再演で、新田は「見て衝撃を受けて“ゴージャスに出たい”と思った作品。まだ実感はありませんが、素晴らしい作品にしたい」と意気込んだ。

 来年3月10日~4月13日、千葉・舞浜アンフィシアターで。大阪公演は5月3~14日、フェスティバルホールで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース