ガンバレルーヤ・まひる「モトカレマニア」で連ドラ初出演!相方と共演「うれしい」

[ 2019年11月7日 12:00 ]

「モトカレマニア」に出演する「ガンバレルーヤ」まひる(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」まひる(26)が7日放送のフジテレビ系ドラマ「モトカレマニア」(木曜後10・00)にゲスト出演する。連続ドラマ出演はキャリア初で「“女優”として臨ませていただいたので、バラエティーとは違った顔を楽しんでいただければと思います」と意気込みを語った。

 新木優子(25)と高良健吾(31)が主演を務める「モトカレマニア」は、漫画誌「Kiss」(講談社)で連載中の同名コミックが原作。元カレを引きずる“モトカレマニア”になった女子の混乱と暴走と試行錯誤の物語はもちろん、恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディードラマ。合言葉は「女だって引きずる!!!」。

 まひるが演じるのは、主人公の難波ユリカ(新木)が勤務するチロリアン不動産の元女性社員・あさちゃん。あさちゃんが不動産会社を去った理由は、小手伸也(45)演じる社長の安藤一朗が原因だった…。

 連ドラ初出演が決まったまひるは「連ドラの出演は初めてだったのでとてもうれしかったです」とコメント。同作には相方・よしこ(29)がネイリストの“ザ・いい女”周防ひろ美役で出演しており「よっちゃんが出ているドラマで一緒に出演できてありがたいなと思います」とドラマ内での共演を喜んだ。

 相方からアドバイスを受けたかという質問に「よっちゃんからは“ドライ(リハーサル)っていうのがあって、そこで50人ぐらいのスタッフに囲まれて芝居しなくちゃいけないけど、全然緊張しなくていいよ。でもドライを本番だと思ってやりな。ドライで全力でぶつけたら本番にリラックスできるから”と、女優さんみたいなアドバイスをもらいました。それでリラックスできました(笑)」と答え、少々ディスり気味に相方へ感謝した。

 「私ってわかんないじゃないかというくらい普段のガンバレルーヤのまひるを消して、“女優”として臨ませていただいたので、バラエティーとは違った顔を楽しんでいただければと思います!ぜひ、放送をご覧ください!」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース