田代まさし容疑者逮捕…親交あったリハビリ施設代表「長くやめていても…」

[ 2019年11月7日 07:00 ]

田代まさし容疑者 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕

宮城県警塩釜署に入る田代まさし容疑者(中央)
Photo By 共同

 10年9月の逮捕から9年が経過していた田代容疑者。リハビリ施設「館山ダルク」の十枝晃太郎代表は「(覚醒剤を)やめている年月が長いからといって依存を脱却できるわけではない。薬物依存は脳にこびりついた焦げみたいなもの」と、依存症と闘い続けていかなければならないことを強調した。

 民間のダルクで働いていた田代容疑者とは親交があった。「1年半ぐらい前まではお互いのダルクを行き来してよくお会いしました。最近は1、2カ月前に見かけたぐらいです」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース