令和最初の流行語大賞候補発表“ラグビー旋風”5語ノミネート!「ONE TEAM」本命?

[ 2019年11月7日 05:30 ]

記念写真に納まるラグビー日本代表
Photo By 共同

 年末恒例の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補30語が6日、発表された。日本代表が躍進したラグビーW杯関連では5つがノミネートされ、列島の盛り上がりが反映された。「笑わない男」稲垣啓太(29=パナソニック)は本紙の取材に「うれしいような、照れくさいような」と率直な思いを語った。令和最初の流行語大賞は12月2日に発表される。

 ノミネートされたラグビー関連の言葉は「ジャッカル」「にわかファン」「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」「笑わない男」「ONE TEAM(ワンチーム)」。大会での日本の飛躍を表すように、全体の6分の1を占める一大勢力となった。

 中でも大賞に近いと目されるのは「ワンチーム」だ。日本代表はジョセフHCの下、早い段階から合宿などで寝食を共にして結束を深めた。家族同然のチームは1次リーグを4戦4勝で1位突破。史上初めてベスト8に駒を進め世界を驚かせた。体格で勝る海外勢にワンチームで挑む姿は大きく日本人の心を打った。

 すでに結束を示す言葉として使われている。東京五輪のマラソン・競歩の札幌移転問題では、東京都の小池百合子知事が「ワンチームで大会を成功させたい」と話し、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「メダルや優勝にワンチームでやっていきたい」と強調。会話で使いやすいという面は高ポイントだ。

 大会終了後、日本代表のメンバーは連日テレビ番組に出演。バラエティー番組関係者は「番組もワンチームで面白くしてくれる。30~40代の視聴者の反応が良く、視聴率にもつながっている。スポンサーにも好評なのでまだまだ出演が続きそうだ」と話している。年末まで桜戦士の“快進撃”が続きそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース