NHK、かんぽ不正販売報道は「通常の取材の範疇」 日本郵政幹部「暴力団と一緒」発言受け

[ 2019年11月7日 17:27 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKは7日、上田良一会長の定例会見で、かんぽ生命保険の不正販売問題を報じた番組を巡り、鈴木康雄・日本郵政上級副社長が野党合同ヒアリング後にNHKの取材方法などについて「暴力団と一緒」と発言したことについて重ねてコメント。幹部が「通常の取材の範疇と認識してる」と述べた。

 NHKは18年4月放送の「クローズアップ現代+(プラス)」の「郵便局が保険を“押し売り”!? 郵便局員たちの告白」で、かんぽ生命の問題を追及。続編を2018年8月の放送に向けて準備したが、放送しなかった。理由について、上田会長は10月3日の定例会見で「取材の準備不足」のためと回答。日本郵政グループの抗議に「影響を受けたことはない」とした。続編は19年7月に放送した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース