STU48岡田奈々 22歳バースデー祝い!?ハーフツインに大テレ「超レアなので」 初の全国ツアー開幕

[ 2019年11月7日 20:55 ]

22歳の誕生日に、リボンにハーフツインでツアー初日公演に出演した岡田奈々
Photo By スポニチ

 瀬戸内7県を拠点にするSTU48が7日、東京・マイナビBLITZ赤坂で、グループ初の全国ツアー初日を迎えた。

 この日はキャプテンでAKB48と兼任する岡田奈々の22歳の誕生日。オープニングの「STU参上!」では、珍しいハーフツインの髪型でステージに現れた。「(甲斐)心愛ちゃんに『一緒に髪の毛をツインテールにしよう』って言われて…。いやだと言ったけど、生涯に1度だったらいいかなって。かわいい娘(甲斐)の願いを聞きました」と明かし、「今日は他の子を見てください」と照れまくった。

 普段はショートカットのイケメン風で、ファンだけでなくメンバーに人気だが、この日は赤いリボンまで付けるキュートな姿で、歓声を浴びた。石田千穂(17)から「奈々さん、(髪飾りを)30分くらい迷ってました」と本番前の一幕を明かされ、岡田は「30分悩んで、潔くリボンを付けようと思いました。本当に、本当に、今日だけ。超レアなので」と何度も断りを入れた。

 岡田はよほど恥ずかしかったのか、「いつか(23歳で最年長の田中)皓子を巻き込みたい」と反撃したが、田中からは「いつか巻き込むということは、またやってくれるということ?」とうまく返され、歓声が起きていた。

 この日は船上劇場STU48号でも演じているダンスパートの演出のほか、ツアーならではの組み合わせでユニット曲も披露した。10月の歌唱力No・1決定戦でベスト8入りした峯吉愛梨沙(15)は、岡田、門脇実優菜(16)と「青い檸檬」を披露。急きょ出演が決まったとあって、右手にぎっしり歌詞を書いて臨んだが、汗で消えてしまったようで「めっちゃ消えてる…」と苦笑いした。

 この日は最新シングル「大好きな人」などシングル3作を含め、23曲を披露した。公演の最後には、岡田の誕生日を祝うサプライズのセレモニーも行われた。岡田が甲斐に促され、効果音が鳴る機械のボタンを押すと、バースデーソングが流れるという粋な演出だったが、岡田がボタンを離してしまい、曲が途中で止まるハプニングでメンバー、ファンも総ずっこけだった。

 それでも、岡田を敬愛する瀧野由美子(22)が、思いをつづった手紙を涙ながらに読み上げると、しんみりした表情でスピーチした。

 「2年半という短い期間でみんなが成長する姿を定期的に、客観的に見られるのは幸せです。初心を思い出させてくれるこのグループには感謝しています。なかなか貢献できてないなと思う1年でしたが、ありがたいことにプロデュース公演をさせていただけるということで、メンバーには笑顔で楽しんでもらいたい。アイドル人生は短いと思うので、その中で最高の思い出を作れたらいいなと思います」

 さらに「私自身は出演しないんですが…」と、公演に自分が出ない事実を初めて明かすと、メンバーもファンも「えっ?」とビックリ。「だって、プロデューサーだよ? その分、みんなにかわいく最高にセクシーな公演をささげたいです。楽しみにしていて下さい」と続けた。

 ツアーは12月まで7都市を回り、13公演を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース