紅白歌合戦は「70回にふさわしい司会者がそろった」 NHK会長が期待

[ 2019年11月7日 17:05 ]

紅白歌合戦で総合司会を務める内村光良
Photo By スポニチ

 大みそかの第70回紅白歌合戦(後7・15~11・45)に関して、NHKの上田良一会長は7日の定例会見で、「70回にふさわしい司会者がそろったと思っております」と述べた。

 総合司会は内村光良(55)、白組司会は嵐の櫻井翔(37)、紅組司会を女優の綾瀬はるか(34)が務める。櫻井は嵐で5回、個人では2年連続2回目。綾瀬は13年、15年に務めており、4年ぶり3度目となる。

 上田会長は「来年のオリンピック・パラリンピックに向けて夢がもてるような番組をつくってもらいたい」と期待した。

 今年の紅白は令和初に加え、70回の節目と、東京五輪の前年。4年間続けてきたテーマ「夢を歌おう」で放送するラストイヤーで多彩な演出が盛り込まれることが予想される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月7日のニュース