NHK放送総局長 「いだてん」またも最低更新に「大変厳しい結果」 今後の放送は変更なし

[ 2019年10月23日 16:16 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長が23日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、9月13日の放送で大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)で平均視聴率3・7%と最低を更新した件について言及した。

 この日は日本初の決勝トーナメント進出が懸かった裏番組の日本テレビ「ラグビーW杯 日本×スコットランド」(後7・30~9・54)が平均39・2%と高視聴率を記録したため、第32話(8月25日)の5・0%を1・3ポイント下回り、自らの大河ワースト記録を再び更新してしまった。

 これについて、木田総局長は「日本戦が全国の方の注目を浴びていた」とラグビーW杯日本戦中継が大きな影響を及ぼしたと見解を示し、「視聴率としては大変厳しい結果になった」とコメント。

 これを受けて、今後の番組への影響を聞かれるも「ドラマというものは何カ月の前から検討してつくりあげているもの。番組としてはブレずに最後まで行こうという意図は変わっていないと思う。内容としての評価としては高いものが作られていると思っている」と作品を評価しつつ、これまでもさまざまな批判の声が出ていることには「今後の大河ドラマを作る時には参考にしたい」とした。

 「これから戦後編になりますので、一気に大展開して、最後まで描き切ってほしい」と現場にはエール。20日に放送予定だった40話は、ラグビーW杯の準々決勝「日本―南アフリカ戦」と生中継するために、放送を休止。一部で今回の放送休止で再編集するとの報道もあったが、角英夫広報局長は「それは間違い。47回のまま。1週年末のほうにずらて放送します」と当初の予定どおり、全47回の放送に変更はないとした。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月23日のニュース