セクゾ中島「京成王子モデル」制服姿でキリッ、新CMキャラ就任 ジャニーさん誕生日に「光栄」

[ 2019年10月23日 13:03 ]

京成電鉄の新CM発表会に出席したSexy Zoneの中島健人
Photo By スポニチ

 Sexy Zoneの中島健人(25)が23日、都内で行われた京成電鉄の新CM発表会に出席した。

 京成電鉄は26日のダイヤ改正でスカイライナーを大幅増便して都心から成田空港へのアクセスを強化。これをPRするため、中島を新CMキャラクターに起用した。

 中島のCM発表会はデビュー以来初めて。こういう場は「夢だった」といい、「今日はジャニーさんの誕生日でもあるので、こういう素敵な日にCM発表会ができたということは凄く光栄です」と話し、7月に死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長(享年87)に思いをはせた。

 CMと同じ「京成王子モデル」の制服姿で登場。「凄くキラキラしていて、うれしいんですけど。普段の制服にナポレオンのイメージを付け足した。重みを感じます。重みのある男は格好良いと思いますし」と独特のセクシーキャラクターを全開させた。

 撮影では「20セクシーは言った」と振り返るほど「セクシー」のセリフを連発。「来年2020年に向けて20セクシーを推していく」と笑みを広げた。

 CMでは若い女性に続いて、中高年の男性を「お姫様抱っこ」するシーンも。「貴重な機会だなと思いましたし、この時代は、おじさまにも男性にもお姫様抱っこや、ハグができるようなアイドルがいないと駄目だと思いまして。男女ともども、お姫様抱っこをする。それが現代のアイドル。ハグすると女性より反応が良かった」と撮影秘話を明かして笑いを誘った。

 撮影を通じて「原点回帰って大事だなと思った」といい「自分自身のセクシーを確認した」とも。「みなさんとセクシーをつくっていく。それが現代のセクシーなんじゃないかな」とSexy論も披露した。

 スカイライナーの魅力については、前日22日も乗車して確認。国内の鉄道では2番目の最高速度(時速160キロ)を「セクシースピード」と表現。山本寛斎氏が風をイメージして手掛けたフォルムを「セクシーデザイン」、ポイントサービスを「セクシーポイント」と指摘し、「神対応のできる王子様的な空港特急」とPRした。

 CMは26日からオンエア。京成電鉄側は「どんな人にも細やかな神対応で接する姿勢がCMに通じる」として起用した。ダイヤ改正により、スカイライナーは20分間隔で運行を拡大していくという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月23日のニュース