NHK放送総局長 朝ドラ「スカーレット」に「大変出足好調」

[ 2019年10月23日 15:47 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長が23日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、9月30日にスタートした連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)について言及した。

 朝ドラ通算101作目。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。来年3月28日まで全150回。

 同作は初回の平均視聴率は20・2%。前作「なつぞら」の初回22・8%には及ばなかったが、朝ドラ5作連続で初回20%超えの好発進。第1週の平均は19・8%、2週目で20・2%、第3週で19・7%と推移している(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 木田総局長は「始まってって4週目。大変出足好調だと感じております。関東地区ではリアルタイム視聴率はおおむね20%前後ですし、総合視聴率だと25、6%。関西地区でもスタートとしてはいいスタートを切っていると聞いております」と満足の表情。「内容としても昭和20年代後半、世の中が貧しさを同居している中で、それに苦しむというよりは活力に変えて生きていく庶民の強さが番組にいきわたっていて、毎日見て元気が出るなと思っています。どういうふうにして焼き物と交流を深めていくのか、楽しみに感じています」と今後に期待を寄せた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月23日のニュース