Foorin 楽団結成で新たな「パプリカ」、12月にスタート

[ 2019年10月23日 15:01 ]

 NHKは23日、NHK2020応援ソングとして、子どもたちに大人気の楽曲「パプリカ」を歌う子どもユニット「Foorin」が新たな取り組みとして「パプリカ Foorin 楽団バージョン」を制作し、12月にスタートさせると発表した。

 Foorinnメンバー5人と、病気や障害のある子たち10人が「Foorin楽団」としてバンドを結成し、手話やボディパーカッションなど、いろいろな音楽の表現を織り交ぜた新しい形の「パプリカ」を作り上げる。

 11月8日の「日本賞」の授賞式で初披露され、「パプリカ Foorin 楽団バージョン」は12月1日から「みんなのうた」枠(Eテレ日曜前7・55、総合水曜後3・55)で放送される予定。年末にはその制作過程などを記録したミニドキュメント番組なども放送される。

 「パプリカ」はNHK2020応援ソングプロジェクトの歌として昨年7月に発表以来、子供たちを中心に大人気に。NHKの公式サイトと、YoutubeのNHK公式チャンネルなどで1分間のミュージックビデオを公開し、動画視聴回数はすでにおよそ2億4000万回となっている。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月23日のニュース