古坂大魔王が自画自賛「僕の笑顔が最高」 大原優乃と弁理士会MVでラップ披露

[ 2019年9月26日 22:50 ]

背中を合わせてポーズを決める古坂大魔王と大原優乃
Photo By 提供写真

 タレントの古坂大魔王(46)と大原優乃(19)が26日、都内で行われた日本弁理士会のミュージックビデオ「BENRI―C」の完成披露イベントに出席した。

 知的財産に関する専門家である弁理士のことを幅広く認知してもらおうと企画。古坂が楽曲提供し「世界的に流行している民族音楽を取り入れ、ラップテイストで男女でやってみたかった」と思いを明かした。

 10年以上の親交があり、大原が古坂を「お父さん」と呼ぶ間柄。大原は「正直、歌にはあまり自信がなくてレコーディングも緊張したけど、お父さん的存在の古坂さんとの共演で、的確なアドバイスをたくさんいただき、安心して取り組めた」と回想。ミュージックビデオの見どころを聞かれ「“合格率Under10%”と歌うシーンでウインクを頑張りました」とPR。古坂は「僕の笑顔が最高ですよね」と、まさかの自画自賛で会場の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月26日のニュース