広瀬アリス 東京国際映画祭フェスティバル・ミューズ就任「映画の良さを多くの方に伝えていけたら」

[ 2019年9月26日 13:30 ]

フェスティバル・ミューズに就任した女優・広瀬アリス
Photo By 提供写真

 女優の広瀬アリス(24)が第32回東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズに就任したことが26日、発表された。今年の映画祭の「顔」として、オープニングイベントに登場し、広く映画ファンにアピールする。

 広瀬は同映画祭について「すごく派手なんだけどアットホーム感があって、本当に映画を愛している人たちが集まっている。温かい素敵な場所です」と印象をコメント。

 続けて「映画の良さというのを、少しでも多くの方に伝えていけたらいいなと思います」と話し「日本の方だけではなく世界中の映画を愛している人に運命と思えるような作品に出合っていただけたらとても幸せです。頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月26日のニュース