ふなっしー “親友”神田沙也加は「押しが強い」「男らしい面ある」 LINE交換も神田から

[ 2019年9月26日 13:17 ]

新作RPG「ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」完成発表会に登壇したふなっしーと神田沙也加
Photo By スポニチ

 女優で歌手の神田沙也加(32)と千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」が26日、都内で行われた「ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」完成発表会に出席。プライベートでも仲良しという“親友”同士らしく軽妙なトークで盛り上げた。

 神田は同作で主題歌を担当。もともと「ゲームは大好き」という神田だが、「(同シリーズは)最近デビューして、ハマり始めて、『いつか関わりたい』とつぶいたら、数日後にオファーが来て…。すっごいうれしかったです。本当にうれしくて大喜びしました」と感激。ふなっしーも「ゲームやりすぎな感がある。平均して(一日)2、3時間。やる日は本当に朝から晩までやっていることがあるなっしー」とゲーム好きをアピール。同作もすでにプレーしているようで、「敵がみんなかわいい。RPGが苦手だなと思う人もやりやすい。ふなっしーがいても大丈夫なぐらい、ゆるい感じ」と作品への参加にも色気。これには同作のプロデューサーもダウンロードコンテンツへの追加を検討すると明言する展開に。ふなっしーも「喜んで出ますとも。主人公が連れて歩くペットでもいいな」と意欲を見せた。

 “発言の27・4%がウソだ”というふなっしー。「やや虚言癖がある」と笑いつつ、ゲームキャラクターがより人気になる秘けつを尋ねられ、「ふなっしー的には、人気者になろうと思って行動起こすと人気者にはなれないと思って…。結果的に人気なったみたいな。『ありがとう』という言葉をよく使うなしな。それが好きだって言ってくれる。やっぱ感謝の気持ちなしな」とまじめに答える場面もあった。

 イベントでは、作品タイトル「秘密」にちなみ、神田の結婚披露宴にもふなっしーが参加するほど、テレビの共演がきっかけで仲良くなったという2人だからこそ話せる、お互いの秘密についてのトークを展開。神田は「イリュージョンスポットはめっちゃ固い」とニヤリ。出会いもテレビでの共演だったといい、ロケなどでの共演も多いという神田は「食べ物や飲み物を飲むときはこのスポットからイリュージョンするんです」と実演しつつ、「どんな手触りなのかなと思うと思うんですけど、イリュージョンスポットはどこよりもめっちゃ固いんです。(こぼさないように)ちょっと気を付けて入れてようにしていたら、イリュージョン検定1位をいただきました」と自慢げ。これには、ふなっしーも「上手に入れてくれる」と“神田の技術”に太鼓判を押した。一方、ふなっしーは神田について「意外に押しが強いなっしー」と告白。「いい意味で(押しが強い)。LINEの交換とかも沙也加ちゃんから教えてくれるの。めちゃめちゃうれしい。こっちからは絶対に聞けないなしよ。あと、ふなっしーのDVDに出たがる。出てほしいけど」と笑いつつ、「凄く決断が早い。言いたいことをしっかり言う、男らしい面がある」とも明かした。

 ふなっしーは自身の秘密についても「昔、武道館から落ちた時、次の日、本当に立てませんした。『大丈夫なっしー!』って強がってたけど…。死んだと思った」とぶっちゃけ。ふなっしーは13年12月24日のロックバンド・THE ALFEEのライブに参加した際、ステージから転落しており、「クリスマスの日に落っこっちゃって、気を失いかけたけど、急いでステージに帰って、『これがイリュージョンなっしー!』って強がってみたものの、次の日立てませんでした」と苦笑した。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月26日のニュース