藤井聡太七段 竹内五段を撃破し初戦突破 王位戦予選

[ 2019年9月26日 05:30 ]

藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(17)は25日、大阪市の関西将棋会館で指された第61期王位戦の予選で竹内雄悟五段(31)に124手で勝ち、初戦を突破した。竹内との公式戦はこれで6戦全勝となった。

 王位戦は第60期7番勝負の最終第7局が同日東京都内で始まっており、26日に豊島将之王位(29)のタイトル初防衛か、挑戦者の木村一基九段(46)のタイトル初獲得が決まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月26日のニュース