シンガー・ソングライター岡田茜、活動休止を発表「手術を避けられなくなってしまいました」

[ 2019年9月26日 19:15 ]

シンガー・ソングライターの岡田茜
Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターの岡田茜(35)が活動を休止することが26日、分かった。のどに出来た結節の手術のためという。

 6日に「1cmの声帯に、3~4mmの結節」ができたことを報告していた岡田は、「活動休止のお知らせ」と題してブログを更新。この1カ月、のどの治療を続けてきたといい、「とても強い薬と、普段の生活では喋らず、人とも会わずの生活を続けてきたのですが、昨日の再診の結果、悪化もしていないけど、良くもなっていない為、手術を避けられなくなってしまいました」と明かした。結節とは「しこり」とも呼ばれ、甲状腺の細胞が変化したもの。

 10月4~6日に東京・武蔵野芸能劇場で行われる舞台「アリス・コード」の出演をもって活動を休止する。同月10~12日の間に手術を受ける方針を告白し、「手術の結果次第にはなりますが、復帰を目指して全力で治しますので、ぜひ待っていてください」。早期の復帰に意欲を見せ、「12月22日のワンマンを全力でやれる為に、全力で治しますので、前向きな活動休止だと思っていただけたら嬉しいです」と呼びかけた。

 岡田はギターの弾き語りを中心としたライブ活動を展開。バラエティー番組やドラマにも出演するなど、マルチに活躍している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月26日のニュース