山里亮太、妻・蒼井優のラブシーン「耐えられるかな」原作こっそり読破し不安に

[ 2019年9月26日 12:15 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が25日深夜放送のTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。妻で女優の蒼井優(34)が映画で挑戦したラブシーンへの率直な思いを吐露した。

 27日公開の映画「宮本から君へ」で、蒼井はヒロイン役で出演。同作品について山里は「2人の恋愛の物語だから。感情むき出しで、ぶつかり合うわけ。熱量あってすごいって思って」と語り、蒼井にも「すごいじゃない」と伝えたという。

 主演の俳優・池松壮亮(29)とのラブシーンも話題となっているが、蒼井には「ある程度は覚悟できてるから」「原作を読んでないから全然気にしていない。別に作品の中だけだし、気にしてないよ、全然平気よ」と、意に介していないことを強調しているのだとか。

 しかし「(蒼井は)知らないと思うけど、(原作漫画の)『宮本から君へ』をこっそり全巻読んでんのよ。(蒼井が)お仕事行ってる間に、棚のところに『宮本から君へ』が置いてあったから。全部読んだね」と、実際には読破しているとを告白。その上で、妻のラブシーンに触れ「耐えられるかな?(映画は)結構忠実に再現されてるって…。耐えられるかな…」と複雑な心境を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月26日のニュース