サンド・伊達 吉本騒動、円満な収束を願う「大好きな先輩方ばかりです」

[ 2019年7月26日 13:25 ]

水森かおりのCD「高遠 さくら路」発売記念コラボイベントに出席した「サンドウィッチマン」の伊達みきお(左)と富澤たけし
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(44)と富澤たけし(45)が26日、東京・江東区のららぽーと豊洲で開かれた歌手の水森かおり(45)とのコラボイベントに出席。デュエット曲「笑顔で遠回り」を初披露した。

 イベント後の囲み取材で伊達が所属事務所の闇営業に関する一連の騒動について「ほんとに、円満にね。終えてほしいと思います、この騒動がね。大好きな先輩方ばかりです」がコメントした。

 この日は、コントでおなじみの演歌歌手・萬みきおの姿で登場した伊達。富澤が歌いだしで水森と伊達にダメ出しされる場面もあったが、昨晩「お風呂で練習した」成果が実り、しっかり2回も歌い上げた。同曲は水森のシングルCD「高遠 さくら路」(徳間ジャパン)のタイプCのカップリングとして収録。CDの売り上げの一部は「東北魂義援金」を通じて東日本大震災の復興のために寄付される。「歌も実は被災地に向けてのメッセージでもある。遠回りしてもいいから、笑顔でいきましょう」と伊達が説明した。

 報道陣が「義援金と言えば、思いを吐露されていましたけど、宮迫さんへの…」と切り出すと、「出た。ダメですよ。やめてくださいよ。萬は何も知らない」と伊達。「萬さんは闇営業しかやってない」と富澤がボケて、会場は笑いに包まれた。

 水森とサンドの2人は20年ほど前、同じ事務所に所属していたことがあり、「そのころから姉さんと呼ばせていただいています」と伊達。水森が「気が付いたらいなかったよね。その当時から変わっていない。お人柄も最高ですし」と言うと、「見た目だけちょっと変わっちゃいましたけど」と伊達が自虐した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース