夏休み明けの庄司智春 お家騒動に「先輩方に任せておいた方がいい」

[ 2019年7月26日 09:59 ]

お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(左)と庄司智春
Photo By スポニチ

 吉本興業の一連の騒動中に夏季休暇をとっていた「品川庄司」の庄司智春(43)が26日、フジテレビ「ノンストップ」(月~金曜前9・50)に生出演。休暇から明けて“時差ボケ感”を漂わらながら、吉本所属芸人として問題の焦点が本来とは「どんどん話が違う方向になっていく」と率直な感想を語った。

 騒動の発端は、吉本所属タレントが特殊詐欺グループと闇営業を行ったことを強調。詐欺グループの忘年会に出席して謹慎中のタレントたちの今後について、「どうやって、みそぎをさせていくのかを早めに発表すること」と吉本興業が真っ先に取り組むべき点を指摘した。

 また、中堅や若手芸人らがテレビ番組やSNSで吉本興業への不満をあらわにしている騒動については、「出てきた先輩たちが凄い人ばかり。松本(人志)さんとか、(島田)紳助さんとか…。僕らがどうこういうよりも、先輩方に任せておいた方がいい」と立場の違いを述べた。

 若手らが待遇面で不満を持っていることも理解。マネジャーの少なさなどを挙げ、イタリアでの仕事を振り返り「僕だってローマに一人で入り、現地で解散」と同行者はいなかったことを明かした。その上で「ありがたいのはお客さん。こんな状況でも(新宿の)ルミネ(theよしもと)は満席でした」と専用劇場まで足を運んでくれるお笑いファンに感謝した。

 庄司をめぐっては、相方の品川祐(47)が、21日からツイッターで、お家騒動の最中に夏休みをとった“間”の悪さをいじり続けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース