岡村隆史「全てはこれ…あれが吉本ちゃうか」感心したベテラン芸人の返し

[ 2019年7月26日 12:08 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が25日深夜、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。吉本興業の一連の騒動について、先輩芸人のコメントに感心する一幕があった。

 中堅や若手芸人らがテレビ番組やSNSで事務所への不満をあらわにしている現状を受け、「みなさんほんまに、気持ちも分かりますけれども。本当に抑えるところは抑えて」と呼びかけた岡村。吉本興業は「お笑い王国」だとし「人を笑顔にする会社。『なんかオモロイことないかなぁ』って言っていける会社でないといけない」と訴えた。

 岡村が所属する「アローン会」で会合を行った際にも同様の話になったといい、その際「もう全てはこれや」として、アローン会メンバーがうなったのが、先輩芸人の池乃めだか(76)のコメントだったという。

 池乃はテレビの直撃取材を受け、「吉本に何か言いたいことは?」と問われた際に「背高くなる薬を開発してくれっていうことです」と返答。岡村は「あれが吉本ちゃうかって。すごないかって」と感心。また月亭八方(71)が「なんか知り合いがもめてますわ。もめてますけど、みんな機嫌よう生きてください」と語ったことにも触れ「ベテランの方々の、そのどっしり構えた感というか、そういうのが吉本なんちゃうかなっていうふうに思ったりもしますしね。アローン会でも『こういう方向性でいいよね』っていうふうに話をした」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース