国民栄誉賞の井山4冠 一般女性と再婚「一層精進」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

井山裕太四冠
Photo By スポニチ

 囲碁の井山裕太4冠(30)が25日、所属する日本棋院を通じて一般女性と結婚したと発表した。「これからも一層精進し、棋士道を歩んでいく所存です。今後も変わらぬご指導ご鞭撻(べんたつ)を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」とコメント。婚姻届は20日に提出した。

 井山は再婚。2012年5月に将棋の室田伊緒女流二段(30)と結婚し、15年末に離婚した。中学1年でプロ入りした井山は、16年に史上初の7大タイトル同時制覇を達成。同年、6冠に後退したが、17年に2度目の全7冠独占を果たし昨年、将棋の羽生善治九段(48)とともに国民栄誉賞を受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース