土田晃之もギャラ事情の一端明かす「配分だけは分からない」

[ 2019年7月26日 13:07 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 吉本興業の所属芸人たちが不満をもらす出演料などの取り分にいついて、お笑いタレントの土田晃之(46)が25日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で「ギャラの配分だけは(自分も)分からないもんね」と一定の理解を示しながら、ギャラ事情の一端を明かした。

 吉本興業の騒動をめぐり、MCの坂上忍(52)は「俺もビックリしたんだけど…ギャラの配分って、(今のタレントは自分で)分かっているもんだと思ってたの。吉本の芸人さんってネタで言っているんだと思ってたの。(自分の出演料の)元値が分かっていないところって、まだそんなにあるんですか?」と共演者に質問。元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)も「ビックリしましたね」と坂上に同調した。

 これに対して土田は、「僕、『バイキング』でいくらもらっているんですか?と聞いても、みんな誰も言わないでしょ」とスタジオ中の番組スタッフに人差し指を向け、1番組当たりの元値から理解していないことを主張した。

 「アンガールズ」の田中卓志(43)が「それ(1番組当たりの出演料を番組スタッフは出演者に言わないこと)がマナーみたいなところがあるんですよ」と補足して説明すると、土田はさらに「そこが透明化。不透明なら教えてくれよ」と注文。「そしたら俺、もっと頑張って(番組で)しゃべるかもしれない」と番組スタッフに訴えて笑いを誘った。

 出演料の元値について、東国原は「自分の(個人)事務所がやっているから明確に分かっている」と話し、坂上も「俺もそう」と回答。大手プロダクションに所属する土田とは立場の違いを強調した。

 吉本興業は25日、契約、ギャラの見直しなどを検討する経営アドバイザリー委員会の設置を発表。契約書制度の導入に踏み切る方針を示した。長年の「口頭契約」について、24日に公正取引委員会の山田昭典事務局長が問題視していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース