愛の遍歴描く 小栗旬「自信を持って面白いと言える」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の完成披露試写会に出席した(左から)蜷川実花監督、二階堂ふみ、小栗旬、沢尻エリカ
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(36)が25日、都内で主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(監督蜷川実花、9月13日公開)の完成披露試写会に出席した。

 太宰治の愛の遍歴を史実に基づいて描く物語で、小栗は「自信を持って面白いと言える」と宣言。8月28日開幕のベネチア国際映画祭の企画「ジャパン・フォーカス」での上映も決まり「日本を凄く感じる作品。どう見ていただけるか楽しみ」と期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月26日のニュース