フジ「TOKIOカケル」山口の事件後初の放送 出演部分はカット

[ 2018年5月2日 23:38 ]

フジテレビ
Photo By スポニチ

 強制わいせつ容疑で書類送検された「TOKIO」の山口達也(46)がレギュラー出演している「TOKIOカケル」(水曜後11・00)が2日、事件後初めて放送された。山口の出演部分は編集されてオンエアされた。

 通常時、山口は右から2番目、長瀬智也(39)と国分太一(43)の間に座って出演していた。この日の放送では山口の出演部分は編集され、長瀬や国分、ゲストがアップで映る場面が多かった。

 前半の約15分間は、放送中止になった先週分のゲストの女優・米倉涼子(42)が出演。後半は関ジャニ∞・大倉忠義(32)がゲスト出演した。

 同番組は3月14日には今年度番組最高8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、人気の高いTOKIO5人とゲストによるトーク番組。事件が発覚した先月25日夜の放送回は、急きょ別番組に差し替えられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース