城島、ジャニー社長と電話 山口の退職願“保留”に「分かった」

[ 2018年5月2日 15:12 ]

会見を行うTOKIOのメンバー(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏                  
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループの「TOKIO」のメンバー城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、メンバーの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受け、都内で記者会見を行った。リーダーの城島が会見冒頭に「被害者の方、ご家族の方に深くお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 前日1日には、ジャニー喜多川社長も被害者、ファン、関係者に謝罪する異例のコメントを出していた。会見後の質疑応答で、社長と話をしたのかと聞かれると、城島は「昨日、会う時間がなかったので電話をしました。“大丈夫なのか”と心配してました。“僕自身、何ができるかわからないけど、君たちは50歳近い集まりなんだからとにかく頑張ってくれ”と励ましを受けた」と答えた。

 ジャニー喜多川社長にグループ存続については「山口が辞表を出したことは伝えた」といい「4人のメンバーがどうすればいいか、答えがまだ出なかったので“辞表は僕が預かっています。もう少し答えを出すのは待ってもらえませんか”と伝えたら“分かった”と言ってました」とやりとりを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース