山口達也「メンバー」から「さん」へ テレビ各局一斉に変更

[ 2018年5月2日 09:28 ]

無期限謹慎処分のTOKIO山口達也
Photo By スポニチ

 TOKIOの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受け、テレビ各局は2日放送の番組から「山口メンバー」から「山口さん」と呼び方を一斉に変更した。

 山口の事件は25日のNHKニュースで一報が伝えられて発覚。すでに、被害者との示談が成立していたこともあり、テレビ各局は「山口達也メンバー」と報じていた。違和感がある呼び方に、ネットを中心に物議もかもした。一部の番組では「ニュースをお伝えするときに“さん”や“容疑者”という言い方ではなく山口達也“メンバー”と伝えています」と説明を加えるケースもあった。1日に山口の不起訴処分(起訴猶予)が決まったことを受け、テレビ各局は2日朝の番組から一斉に「山口達也さん」と伝えている。

 メンバーの国分太一(43)がMCを務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)でも「TBSでは警視庁が書類送検したことを受け、“山口達也メンバー”とお伝えしてまいりました。しかし、今回、起訴猶予、つまり裁判をしないという判断を検察がしたことで私たちは、“山口達也さん”とこれからはお伝えしてまいります」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月2日のニュース