本田望結 妹・紗来を好きすぎて「だっこしてー」

[ 2018年5月2日 13:06 ]

本田望結(左)と紗来
Photo By スポニチ

 フィギュアスケーターで女優の本田望結(13)と妹の紗来(11)が2日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演し、最近、ボクシングを習い始めたことを明かした。

 現在、中学2年生の望結と小学5年生の紗来は、普段の生活について、午前6時に起床して同7時からフィギュアスケートの練習、学校を終えると再びフィギュアスケートの練習をしていると説明。競技のために多くの習い事をしているとし、望結は「最近、ボクシングを始めました。動きが似ているところがある」と話した。ほかにも、バレエ、新体操、ヨガ、ダンス(ヒップホップ)なども習っているという。

 また、好きな言葉を聞かれた望結は「“逃げ道は行き止まり”。何事も挑戦するのは大切だから」。紗来は「“有言実行”。(8年後)の五輪は絶対に行きたい」ときっぱり。夢について、望結は「大好きなフィギュアスケート、お芝居をやっていき、どんどん素敵な大人になりたい。(フィギュアスケートで)いつか五輪が目標ですって言えるようになるのが目標。あきらめたくない」。紗来は「8年後の五輪に出ること」と言い切った。

 一方、私生活について、紗来は「(望結は)紗来を好きすぎて、寝る時に“だっこしてー”っていつもついて来る。お姉ちゃんらくしてほしい」と“苦言”。望結は「可愛すぎて、妹の方が“お姉ちゃんやめてくれる?”ってなる」と苦笑いしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月2日のニュース