松岡昌宏、号泣 “兄貴分”山口の退職願提出に「ずるい」

[ 2018年5月2日 15:10 ]

会見を行うTOKIOのメンバー(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏                  
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループの「TOKIO」のメンバー城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、メンバーの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受け、都内で記者会見を行った。

 リーダーの城島は30日夜にメンバー5人で対面した際に、山口が土下座して謝罪し、ジャニーズ事務所宛てに退職願を出したと報告。「私が預かっております」と処遇未定のまま、退職願を預かっていることを明かした。

 松岡は「崖っぷちにいるんじゃなくて崖の下に落ちていることに気づいていない」「あなたは病気」などと“兄貴分”として慕ってきた山口に対して厳しい言葉を掛けたといい、山口が退職願を提出したことについては「立場が逆だったら、あなたは俺が預けた辞表を事務所に出せるのか。ずるい。それはずるい」と言葉を詰まらせて号泣していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース