TOKIO 今後は4人で番組など継続「4人でしっかりと前を向いて進んでいく」

[ 2018年5月2日 15:01 ]

会見を行うTOKIOのメンバー(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏                  
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループの「TOKIO」のメンバー城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、メンバーの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受け、都内で記者会見を行った。

 TOKIOの今後の活動について聞かれ、城島は「実際に自分たちで言えることではない」としつつ、これまでに受けている仕事は「自分たちがそれぞれ責任もってやっていかないといけない。タレントやらせていただいて以上、責任もある」としつつ、TOKIOの仕事も「4人ですけど、今後どうなるかを含めて、誠心誠意応えていかないといけない。一生懸命やるしかない」と話した。

 松岡は「プロとしてやっている以上はやめてしまうことは一番迷惑がかける」とし、「(4人で活動し)もうTOKIOじゃないという言葉が出たら考えたい。僕らがしっかり考える」とした。

 長瀬は「本人も自分の甘さに気づいています。でも、このことがあって、その信頼が欠けてしまっていることも事実だと思います。自分たちがやらせていただいていることもありますので、とりあえず、今はその仕事を一生懸命やる以外はない」と話した。

 国分はTOKIOでの仕事に関しては「TOKIOとして4人でしっかりと前を向いて進んでいく」とし、「この僕たちが出ている作品は皆さんが評価すること」と視聴者にゆだねた。「山口に関しましても、まだ僕自身も冷静じゃなりません。どうすべきも4人の中でも割れています」と今後については4人の中でも意見が割れていることを正直に明かし、「もっと冷静なった時に判断いけない。辞表を受理するとしても、どんな形であり、山口が自分と向き合うこと、被害に遭った方とどう向き合っていくのか、見守る責任があると個人的には思っています」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース