市川美織 NMB48卒業、涙と笑顔「アイドルをやりきった」

[ 2018年5月2日 05:30 ]

チームN公演で卒業したNMB48・市川美織(手前中央)
Photo By スポニチ

 NMB48の市川美織(24)が1日、大阪・NMB劇場で行われたチームN公演で卒業した。

 「フレッシュレモンになりたいの」というキャッチフレーズで人気を得たアイドルらしく、レモン色のドレス姿で登場。「アイドルをやりきった」とこれまでを振り返り時折、涙ぐみながらも笑顔で締めくくった。

 また「これからは給料も下がる。バンバン服を買っていたけど、まず整理しないと」と倹約生活宣言をし、笑わせた。

 10年の第10期研究生オーディションに合格し、翌11年にAKBメンバーに昇格。13年4月にNMB・チームNとの兼任となり、14年にNMBに完全移籍した。同年、JA広島果実連から「広島レモン大使」に任命された。選抜総選挙の最高位は11年の39位。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース