宮根誠司 TOKIOの会見見て「こちらの方が悲しく、泣きたくなりました」

[ 2018年5月2日 16:06 ]

フリーアナウンサーの宮根誠司
Photo By スポニチ

 TOKIOのメンバー4人が会見を開いたことについて日本テレビ「ミヤネ屋」(月〜金曜13:55〜)でコメンテーターから様々な意見が出た 

 タレントのアン・ミカは「25年以上一緒に過ごしてきて、報道ですべてを知ったという、怒り、悲しみ、寂しさがあったのでは」とメンバーの胸中をおもんばかった。また、読売新聞東京本社特別編集委員の橋本五郎氏は「TOKIOに対して期待している人々がいる。(山口に)こうさせたのは自分たちでは・・という(メンバーの)自責の念に心打たれました」。経済評論家の森永卓郎氏は「時間がかかるんだろうが、おじいちゃんになってからでも、また5人のTOKIOの歌を聴きたいです。そして、MCの宮根誠司は「会見を見ていて、こちらの方が悲しく、泣きたくなりました」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月2日のニュース