ヤクルト高津監督 復帰の高橋奎に苦言「期待していたけど…ピッチングになってなかった」

[ 2024年5月23日 22:15 ]

セ・リーグ   ヤクルト3ー5DeNA ( 2024年5月23日    神宮 )

5回、高橋の降板を告げる高津監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトはDeNAに3-5で敗れ、今季初の5連敗。借金7とし、今季ワーストを更新した。

 先発の高橋奎が4回途中7安打4失点と乱調。高津監督は「ちょっと解説のしようがないですね。ピッチングにはなってなかったですね。本人もどこに行くか分からなかったんじゃないですか?そのぐらい制球が悪かったね」と苦言を呈した。

 高橋奎は前回登板だった4月25日の広島戦では3回途中6失点で敗戦投手となり、翌日に登録抹消。その後、2軍で調整を続けていた。指揮官は「打たれるのはあるとしても、その打たれたランナーをフォアボールで進塁させてしまう、失点に繋げてしまうというのは、ピッチングとしてはちょっとレベルが低いですね。期待はしてたんですけどね、うまくいかなかったですね」とした。

 打線は7回に先頭の村上、サンタナが2者連続本塁打を放つなど盛り返し、8回には村上の適時打で一時1点差に迫ったが、反撃もここまでだった。

 「結局この3連戦、1度もリードを奪うことができなかったですし。ということは、やっぱり先に点を与えている、追いつく力もなかった、追い越す力もなかったというところだと思います。得点圏に行っても、あと1本が出ないですしね。得点圏も3本から4本かな。そういうところの差もあるのかなと思います」と指摘した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月23日のニュース