ヤクルト村上、5試合ぶり11号ソロ「何とか雰囲気を変えたかった」 サンタナも意地の2者連続!

[ 2024年5月23日 17:53 ]

セ・リーグ   ヤクルトーDeNA ( 2024年5月23日    神宮 )

<ヤ・D11>7回、村上がソロ本塁打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上宗隆内野手(24)は23日のDeNA戦に「4番・三塁」で先発出場。5試合ぶり今季11号ソロを放った。

 村上は4点を追う7回、先頭で打席に立ち、カウント1ー1から石田健の変化球を右翼席に運んだ。

 村上の前回本塁打は17日の阪神戦(甲子園)。「4番・三塁」で先発出場し、1―0の3回に両リーグ最速2桁アーチとなる10号3ランを放った。

 両リーグ10号一番乗りは2021年以来自身3年ぶり2度目。6年連続2桁本塁打をマークした。

 続く、5番・サンタナも中越えに6号ソロを放ち、2点を返した。

 ▼ヤクルト・村上 打ったのはスライダー。嫌な流れだったので何とか雰囲気を変えたかった。

 ▼ヤクルト・サンタナ 村上が一発撃ったが、頭は冷静に甘い球を待ってしっかり打つことが出来ました。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月23日のニュース