西武 今季2度目の7連敗…ワースト借金16 松井監督「あと一本のところだったと思う」

[ 2024年5月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―2ロッテ ( 2024年5月22日    ベルーナD )

<西・ロ>7回、降板する隅田(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武の隅田は6回2/3を4安打2失点も、打線が援護できずに4敗目となった。

 チームは今季2度目の7連敗で、ロッテ戦は8戦全敗。6回1死二、三塁から平沼の右前適時打で1点を返すも、なお1死満塁で中村剛、蛭間が倒れて好機を逃した。

 今季ワースト借金16となった松井監督は「種市の直球はスピードガン以上に感じた。あと一本のところだったと思う」と切り替えを強調した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月23日のニュース