阪神・大山 2試合続けて初回に先制適時打!通算500打点の22日に続き4番が快音

[ 2024年5月23日 18:16 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2024年5月23日    マツダ )

<広・神>初回2死二塁、大山は先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・大山悠輔内野手(29)が23日の広島戦で、初回に2試合連続の適時打を放った。2死二塁の先制機に広島の新外国人投手・ハッチから右前へ運んだ。

 球団の生え抜き選手としては最速タイとなる入団8年目での通算500打点を達成した22日に続き、試合開始早々に4番のバットが快音を響かせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月23日のニュース