日本ハム・水谷 1軍昇格即スタメンで2安打1打点 プロ初のヒーローインタビュー「これがお立ち台か」

[ 2024年5月21日 21:42 ]

パ・リーグ   日本ハム5ー4オリックス ( 2024年5月21日    エスコンF )

<日・オ>3回、同点打を放つ水谷(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの水谷瞬外野手(23)がプロ初のお立ち台に立った。この日、1軍に昇格し「5番・左翼」で即スタメン出場。3回には左前への同点適時打を放つなど、3打数2安打1打点と結果を残した。

 プロ初のヒーローインタビュー。感想を聞かれた水谷は「テレビでいつも見ていた景色なので、これがお立ち台かと、そういう気持ちでいます」と初々しい表情を見せた。

 試合前日の20日に、新庄監督からインスタグラムで先発出場を予告されていた大砲候補。「前回(1軍に)上げていただいたときは何もできなくて悔しい思いで、鎌ケ谷に帰ったんですけど。今日の朝、お母さんからラインをいただいて“ご飯食べてリラックスして緊張せずに行ってこい”と言われたので、本当にやるだけだという気持ちで、今日はお母さんのために打ちました」と悔しさと母への感謝の思いを結果につなげた。

 プロ初のマルチ安打1打点の結果に「でき過ぎです」と笑顔。同点打の場面については「チームみんなでつないでもらったチャンスだったので。なんとか同点に追いついて、福也さんを楽に投げさせてあげたいという気持ちで(打席に)立ちました」と振り返った。

 現役ドラフトで今季加入した23歳は「僕が今日、声出しして勝てたので、明日もやらしていただけるようにやっていきたい」と明日以降の“声出し”にも意欲を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース