どうして…楽天先発ポンセが大炎上 4回途中12失点で降板 2回に打者一巡の猛攻許すなど精彩欠く 

[ 2024年5月21日 19:30 ]

甲斐に適時二塁打を浴び汗をぬぐうポンセ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天のポンセ投手(30)が21日のソフトバンク戦に先発。相手の強力打線を止められず、4回途中11安打12失点で降板した。

 初回こそ3者凡退に抑えたものの、2回に相手打線につかまった。先頭の山川から5連打を浴びるなど、この回だけで7失点。3回には栗原に今季1号ソロを許した。

 4回には先頭の周東、今宮の2者連続三塁打浴びると、続く柳田に四球、山川に四球を与えたところで交代を告げられた。

 同地では4月30日にも5回12安打8失点と精彩を欠いたが、この日も大乱調となった。

 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース